認知とは受け止め方の工夫

心理療法

認知行動療法が知られるようになり、「認知」という 言葉が普及しました。
もちろん認知症という病名もあります。
そもそも、認知というのは、外界の事物や体験の受け止め方です。
物事をどのように受け止め、どう解釈するかというのが、認知です。

その認知の歪みを除去して健全化するのが認知行動療法なのです。
人には大きく分けると、二つのタイプがあります。
一つは、不幸と不運の苦しみをなんとも思わず、
明るく前向きに生きている人。

このタイプは困難や苦しみはあっても、少しずつでもそれが 解決したり、
軽減したり、よくなっていく流れの中にいることが 多いでしょう。
もう一つは、苦しみや不幸によって認知がゆがみ、 自己への無力感や、
悲観的な予言や、被害者的な受け取り方に 陥っているというものです。

こうなると、相手から保護や援助をむさぼりとろうとすることに
必死になったり、一日中、愚痴と不平と不満ばかり言って暮らすなど、
メンタル疾患にかかりやすい精神状態になります。

このタイプは環境はいっこうに改善されず、どんどん、
症状が悪化することになります。
すべてはその人の「意識のあり方」が決定しています。

明るく前向きで感謝して生きることができる認知を育てれば
さまざまなメンタル疾患が改善していきます。
暗くて後ろ向きで恨んでおり、自分の価値を否定している限り、
いつまでも薬を飲み続けることにもなってしまいます。

心理療法で、受け止め方の悪癖を修正することが、本当の治癒を もたらすのです。

治療・予約に関する相談はこちら

治療・予約に関する相談はこちらをクリックください

あわせて読みたい関連記事: