催眠療法

医師の催眠療法で、どんな効果が得られるのでしょうか。かつては九州大学の心療内科学のグループなど、限られた医師達が、古典的な催眠療法を研究するぐらいであった日本の医療催眠のレベルも次第にあがってきています。

日本催眠学会、日本催眠医学心理学会など、医師が会員の多くを占める学術団体も複数育ち、ミルトン・エリクソン博士の催眠療法も研究されるようになってきました。ミルトン・エリクソン博士はアメリカの精神科医です。1958年にアメリカ医師会が催眠療法を効果のある医療手段として、認めたのは、このミルトン・エリクソン博士の功績によるものです。

催眠という言葉を名付けたのがイギリスの医師ジェームズ・ブレイドであることは有名です。「眠り」を意味するギリシャ語「ヒプノシス」(hypnosis)から「ヒプノチズム(催眠術)」(hypnotism)という言葉を生み出しました。このように、催眠療法は、医師の研究により発展してきました。本来は医療の一環として医師が活用すべきものであることは歴史からもわかります。

ミルトン・エリクソン医師も、ブライアン・ワイス医師も、催眠療法を使って、多くの疾患を改善させてきました。その内容は多岐にわたり、うつ、神経症、パニック、恐怖症などのメンタルの不調だけではなく、禁煙や禁酒、生活習慣、そして、異性恐怖、恋愛恐怖、夫婦問題などの男女の問題にも医療催眠は活用されてきたのです。

催眠状態にておきうる心身の変調が、持病のある人の場合に心配されるものですが、医師が行う限りは、緊急時の対応に関しては安心できます。民間セラピストの場合、そうなった場合にどうしようもないのです。そのため通院中の患者はお断りと明記している民間催眠療法家もいます。

実際に催眠療法を試したい人の多くは通院中であったり通院歴があったりします。現代医療では解決しないからこそ、催眠療法に希望を託して探し求めてやって来られるのです。医師による催眠療法は多くの心身の不調に悩む人にとっての希望です。トラウマやマイナスの暗示により、心が縛られている人にとっては、その呪縛を除去できる最良の手段となります。

多くの人の悩むところは、自分の心が思い通りにならないことです。催眠療法はその突破口を開く道です。心を変容させて、良き方向へと高めていくものです。しばしば相手を支配、あるいはコントロールするのが催眠だと勘違いしている人がいます。そういう角度で取り組む催眠は邪道に堕ちた忌まわしきものです。

そういうことを教えるからと民間セラピストから高額の受講料をせしめられたといった話もいまだに見聞きします。実際には催眠とは「かからないぞ」と身構えている人にはかかりません。催眠状態とは本当の信頼構築がないと入っていかないのです。ショーで見るような催眠と、催眠療法とは全然違うものです。

催眠療法では自分の意志に反した言動や結果はおこりません。本人の改善したいところ、癒したいところを、潜在意識の力によって改善し癒すことをサポートするのがヒプノセラピーの本質です。これを安全に行うには医師、医療従事者であることが最善です。

治療・予約に関する相談はこちら

治療・予約に関する相談はこちらをクリックください

あわせて読みたい関連記事:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする