催眠療法

パーソナリティ障害

情緒不安定性パーソナリティ障害

情緒不安定性パーソナリティ障害は、境界性パーソナリティ障害とほぼ同じ定義と考えてよい分類です。情緒不安定性パーソナリティ障害の人は、メンタルに打撃があると突然、感情の起伏がバーストして、周囲も手をつけられないほどに暴走します。自殺企図が出た...
パーソナリティ障害

パーソナリティ障害の予防と改善

「パーソナリティ障害」は人格が未成熟で病的な個性および自我の形成不全がその本態であるとされています。未熟な自我形成による認知の歪みが原因の一つで、それは家庭環境や両親から受ける影響(愛着障害など)も関連しているとされます。 パ...
薬を使わない

不眠症は睡眠導入剤を使わずに治せる

我が国では成人の約5人に1人が不眠症状を持っているとされています。さらに約20人に1人が睡眠薬を服用しており、これは世界でも非常に特異な状態といえます。睡眠薬の有害性が理解されている欧米ではこれほどの睡眠薬使用はありません。夜よく眠れないと...
心理療法

意識のあり方が人生を決定する

人生の歩みの中で、あらゆる不運と不幸を体験してきたような人がいます。このような人には二つのタイプがあります。一つは、不幸と不運の苦しみをなんとも思わず、明るく前向きに生きている人。このタイプは困難や苦しみはあっても、少しずつでもそれが解決し...
心理療法

自己嫌悪や自己不信の悩みの克服法

自己嫌悪にとらわれていたり、自分が何をしてしまうかわからないというのは、想念のコントロールがしっかりとできていない時の症状です。想念というものは、刻々に、意識して、自分で良いものを生み出す努力が不可欠です。 自己暗示療法は...
催眠療法

自己催眠と行動修正

自分の行動の習慣を変えたい、行動修正をしたい、といった動機で、自己催眠を学ぼうという人が増えています。自己催眠というと、催眠療法の研修などの複雑な学問が必要かと思われがちですが、もっと本質的には自己暗示を学ぶということです。これは、最近では...
薬を使わない

精神科疾患を食事療法で治す時に大切なこと

世の中には様々な心理療法の類があります。 催眠療法もその一つですが、それ以外の療法が全部、 間違いだというつもりはありません。 解決志向アプローチでも、傾聴法カウンセリングでも、 その人が良くなればそれでOKなのです。 ...
うつ病

うつ病

体がだるく疲れやすい。 夜なかなか眠れない。 食事が進まず、味がしない。 物忘れが激しくなったように感じる このような体の異変はありませんか? 二つ以上あると、うつ病の可能性があります。 朝、無気力になった。 ...
心理療法

メンタルヘルス

うつ病などの発症の仕方を理解すると、早めの発見と最適な対応が できて、病気を軽いうちに治療することができます。 現代社会のあり方の変化により、仕事をしている人に、メンタル不全が 多く出てくるようになりました。うつ、適応障害、社...
催眠療法

催眠療法

医師の催眠療法で、どんな効果が得られるのでしょうか。かつては九州大学の心療内科学のグループなど、限られた医師達が、古典的な催眠療法を研究するぐらいであった日本の医療催眠のレベルも次第にあがってきています。 日本催眠学会、日本催眠医...