催眠療法

自己催眠と行動修正

自分の行動の習慣を変えたい、行動修正をしたい、といった動機で、自己催眠を学ぼうという人が増えています。自己催眠というと、催眠療法の研修などの複雑な学問が必要かと思われがちですが、もっと本質的には自己暗示を学ぶということです。これは、最近では...
薬を使わない

精神科疾患を食事療法で治す時に大切なこと

世の中には様々な心理療法の類があります。 催眠療法もその一つですが、それ以外の療法が全部、 間違いだというつもりはありません。 解決志向アプローチでも、傾聴法カウンセリングでも、 その人が良くなればそれでOKなのです。 ...
うつ病

うつ病

体がだるく疲れやすい。 夜なかなか眠れない。 食事が進まず、味がしない。 物忘れが激しくなったように感じる このような体の異変はありませんか? 二つ以上あると、うつ病の可能性があります。 朝、無気力になった。 ...
心理療法

メンタルヘルス

うつ病などの発症の仕方を理解すると、早めの発見と最適な対応が できて、病気を軽いうちに治療することができます。 現代社会のあり方の変化により、仕事をしている人に、メンタル不全が 多く出てくるようになりました。うつ、適応障害、社...
催眠療法

催眠療法

医師の催眠療法で、どんな効果が得られるのでしょうか。かつては九州大学の心療内科学のグループなど、限られた医師達が、古典的な催眠療法を研究するぐらいであった日本の医療催眠のレベルも次第にあがってきています。 日本催眠学会、日本催眠医...
心理療法

自己暗示法と口ぐせ

愚痴や不平不満を口にすれば、そこに意識が向かうため、 それが負の自己暗示となって、さらなる連想を呼び、 マイナスの思考と発想をいっそう引き寄せます。 幸せや健康や自己実現を望むなら、独り言に注意し、 明るく積極的な言葉だけを...
認知の歪み

対人関係、異性関係でストレスを生む二分思考と両価性

二分思考(二分割思考)という認知の歪みは、 「すべてを黒か白かで考えてしまう傾向」のことです。 「この意見は自分への賛同か反論か」と、 対人関係でも、すぐに分別をしてしまう思考です。 実際には、賛同でもなけれ...
心理療法

アサーション

アサーションとは、相手の感情に配慮しつつ、自分の意見や要求を通したり、 権利を守ったり、するための上手な伝え方のことです。 相手への服従でもなければ、相手への攻撃でもない、 相手を尊重しつつも、自分の尊厳を守るコミュニケー...
心理療法

心のレジリエンスを育てる心理療法と催眠療法

仏教では、「己こそ己の依るべ」と法句経に説いています。 自分を心の支えにできる人は強い心を持つ人だといえるでしょう。 その一方で、仏教は、仏に帰依することも教えています。 自主独立か、心を帰依する対象を持つべきか、わからなくなります。...
心理療法

自己催眠

自分の頭を良くしたい。 仕事能力を向上させたい。 社交能力を上げたい。 こういった悩みをもっている人が多いです。 特に、頭脳の働きについて、改善したいと 願っている人が多いようです。 こういった知的能力を高める方法として...