立志発願とパーソナルリアリティ

あなたの見ている世界は、あなたの経験した過去の出来事をあなたが自分なりに解釈して色付けして思い込みに思い込みを重ねながら作り出した世界観です。それはあなたにとっての真実なのです。つまり、「パーソナルリアリティ」です。

認知の歪みとは個人が作り出した世界観

人は誰もがそれぞれの「パーソナルリアリティ」の中に生きています。そして、その世界観が「引き寄せの作用」を発揮し、その人、特有の運命傾向を現実化させてしまうのです。どんな世界観を持つのか。これがすべての人にとってたいへん重要なのです。そして、どんな世界観を作ってもその人の自由なのであり、そこに正解はありません。正解はないのですが、作った世界観は確実にその人の運命を縛り付けてしまいます。

自分を幸せにできる世界観を持つことが大切

そこで大事になるのは、自分を幸せにできるような「パーソナルリアリティ」を創造することなのです。その想像はあなたの自由な想像であり、それが正解でも不正解もないのです。または、すべてが正解ともいえます。しかし、前述のように「パーソナルリアリティ」があなたの今と未来を決めてしまいます。ネガティブな世界観ではあなたが幸せになることができません。すべての人間は自分が考えたとおりの人間になり、考えたとおりの人生を生きるのです。

過去に縛られず未来を創造する秘訣

この仕組みを悟ったら、今、どうすればよいか、明らかになります。それは、過去のことは過去のこととして、いったん捨て置くことです。わかりやすく例えましょう。
ここに自転車に乗れない小学生がいたとしましょう。彼女はどれだけ努力してもこれまで自転車に乗ることができませんでした。その過去の事実はたしかに事実なのです。しかし、彼女はこの事実をもとに、こんな世界観を作り出したのです。
それは、、、、
「わたしは自転車には乗れないんだ。どれだけやってもできないんだ。それがわたしなんだ。わたしは無能なんだ」と。

思い込みが人生を左右する

この世界観を持ったため、彼女はその後、永久に死ぬまで自転車に乗れることはありませんでした。乗ろうという努力さえする気にならないうえに、わずかに努力したとしても、できないに決まってると、すぐあきらめてしまうことを繰り返したからです。しかし、彼女の妹は、自転車に乗れるようになりました。妹もはじめは乗れなかったのです。でも、妹は、自分はできないとは思いませんでした。妹はこう思ったのです。
「わたしにもできる。いつかできるようになる。チャレンジし続ければきっとできるようになるはずだ。人にできてわたしにできないなんてありえない。」

脳の神経組織は生涯、成長し続ける

妹はこんな「パーソナルリアリティ」を持ったので、何度転んでも、チャレンジを繰り返していきました。そして、とうとう自転車を乗りこなすようになったのでした。実は人間の脳は死ぬまで成長し、進化し続けることがわかっています。かつては脳は成人後は脳細胞がどんどん死滅するだけだといわれましたがこれは完全な間違いだと
最新の脳科学で判明しています。脳神経のシナプスはどんどん発達するので人間の頭脳や身体能力なども発達しうるのです。

パーソナルリアリティを作り替える催眠療法

あなたがもし、自転車に乗れた妹のような「パーソナルリアリティ」を構築できれば、あなたの脳があなたに応えてくれます。つまり、あなたは死ぬまで進化し続けるほうの人間になれます。するとすべてが変わり始めます。過去の自分と、これからの自分をいったん切り離してみましょう。なぜなら、人間は日々、進化し、日々、向上できる存在だからです。催眠療法はあなたに新しいパーソナルリアリティをもたらします。

あわせて読みたい関連記事: