愛着障害

自利と利他~自分を大切するとはいかなることか?

自分を大切するとはいかなることか?自分を大切にするということがわからないと、他人を大切にするということもわかりません。潜在意識は自他の区別がありませんので、自分を大切にしていない時、他人も大切にできていないのです。他人を大切にできる人は自分...
心理療法

「思い込み」を自分だと錯覚すれば、運命の奴隷になる

浮かんでくる思い、それは機械的な自動思考であり、単なる過去に由来する「思い込み」です。「思い込み」を自分だと錯覚すれば、奴隷のような人生です。そこには「自由」「創造」「進化」がありません。私たちにとって大切なことは、自分の意志で刻々に作り出...
催眠療法

催眠療法(ヒプノセラピー)と前世療法

催眠療法とは欧米を中心に発展した心理療法です。さまざまなストレス性の疾患の改善に効果的とされています。またトラウマといって、過去に形成された悪い感情の記憶を緩和したり、癒やしたりすることが可能です。幼少期の環境などから、心にトラウマができて...
成功哲学

成功するまで続けると「引き寄せ」られるものとは?

失敗を恐れず、成功するまでチャレンジしようとしばしばいわれます。「エジソンも一万回の失敗をのりこえて最後の成功を得て電球を発明した」という話をあちこちで見かけます。何度失敗してもあきらめず、成功するまで続ければ最後に成功するというのです。 ...
心理療法

心の苦しみから自分で抜け出す方法

アドラー心理学の創始者であるアルフレッド・アドラーは、「あらゆる悩みは人間関係の悩みである」と述べています。その言葉のとおり、周囲の人の思惑に悩まされ、他者にどう思われるかという事が気になって、苦しみ悩むという人は多いです。 他人...
薬を使わない

薬を使わず、うつや不安を治すプロゲステロン

うつや不安の症状がある人や、よく眠れないなどの症状がある人は、抗うつ剤や抗不安薬、睡眠薬などを使う前に、天然プロゲステロンクリームを試してみることをおすすめします。プロゲステロンは、男女ともに重要な働きをしているホルモンであり、体内において...
薬を使わない

オキシトシンなど脳内ホルモンは認知の歪みをとれば整う

セロトニン、ドーパミン、βエンドルフィン、オキシトシンなどの脳内ペプチドまたは脳内ホルモンと呼ばれる物質が、心の状態に関与していることはご存知の方も多いと思います。抗うつ剤などの精神科のお薬は、脳内でこれらの物質のどれかを増やしたり、分解さ...
心理療法

自己暗示やイメージを実践していても叶わない理由

潜在意識はつながっています。自他の区別がありません。誰かを憎むとき、それは自分を憎んだのと同じです。誰かの成功を嫉妬したら、それは「成功」の否定、つまり自分の成功を否定したことになります。自分よりうまくいっている人のことを嫉妬したいことがあ...
心理療法

中庸こそ、精神を安定させる生き方

カウンセリングで、プラスの想念について語ると、 「完全にプラス思考になることはできません」とか、 「必ずプラスでないといけないといわれると苦痛です」とか、 そういう誤解を受けることがあります。 人間は完全にポジティブになったり、完全にネガテ...
心理療法

不快なものに焦点をあてないほうがよい理由

生きていれば誰でも不快なもの、不愉快な出来事はあります。それをじっと考えたり、悩んだりすることも多いでしょう。しかし、潜在意識の働きからいうと、それは考え物です。潜在意識は検索エンジンのようなものです。「なぜ、できないのだろう?」と検索する...