自利と利他~自分を大切するとはいかなることか?

自分を大切するとはいかなることか?自分を大切にするということがわからないと、他人を大切にするということもわかりません。潜在意識は自他の区別がありませんので、自分を大切にしていない時、他人も大切にできていないのです。他人を大切にできる人は自分も大切にできるものであり、その逆もまた真なりです。

愛するとは安心、満足、喜びを与えること

「大切にする」という言葉ですが、「このエンピツを大切にする」と普通に口にしますが、「このエンピツを愛する」とはあまり言いません。「大切にする」よりも重く深いのが「愛する」です。つまり、考えるべきは「愛するとはいかなることか?」ということです。もっとも基礎になる姿は、母親が赤ん坊を愛する姿です。母親は赤ん坊に何を与えるのでしょうか?母乳や衣服もありますが、それも含めて、母親は、わが子にあるものを与えているのです。それは「安心・満足・喜び」です。母乳をもらい、抱きしめられて、大切に扱われると、赤ん坊は、喜び、満足し、安心するのです。これが「愛する」ということです。愛するとはその対象に「安心、満足、喜び」を与えるということなのです。機能不全家族の子どもは安全基地と呼ばれる心の安息地を得られないまま育ちます。「○○さん(○○ちゃん)に心から喜んで頂けますように、心から満足して頂けますように心から安心して頂けますように」このように念じる時には、それは愛念のこもった祈りということになります。

自分に安心、満足、喜びを与える意味

自分を愛するということも同じです。自分が心から喜び、心から満足し、心から安心できる、そんな人生、そんな毎日を生きる時、それは自分を愛しているということです。これがきちんとできる人は、他人にも同じようにできます。生育環境により両親の影響を受けるのは仕方ないことですが、それに縛られているようではいけません。影響に気がついたら、それを打ち破って、自分を救済する、自己救済の道を歩まなければなりません。そのとき、はじめて、本当の意味で他者も救済できるのです。自分の幸せを祈ることは、大切なことなのです。自分も幸せになり、周囲の人も幸せになるように祈るとき、その祈りが自分を愛するという生き方を導くのです。毎日のお祈りや自己訓練がそれを本物にしていきます。

自分を愛することと夢と希望の大切さ

自分を幸せにするために、夢と希望をたくさん掲げていますか?人間の潜在意識を動かして、無限のパワーを引き出すためには、夢と希望を持つことがもっとも重要です。あなたの人生において、実現したいことをリストアップしてみましょう。もし、制限が一切なければどうでしょうか?健康やお金や生活環境の制限が、夢と希望を持つことの足をひっぱっていないでしょうか?そういった制限が何もない状況がもし、目の前に実現したら、あなたはどんな夢と希望を実現したいですか?夢と希望を掲げて、それから、今の状況から、どうやって、そこにむかっていくことができるか、それを考えていってみましょう。途中の道筋が見えてこないとき、そこであきらめるのは早計です。潜在意識にしっかりと願望が刻み付けられると、今の場所から、夢と希望の場所へジャンプする方法を自動的に探し出してくれます。

不可能を可能にする潜在意識のパワーを理解すれば限界はない

これが潜在意識の働きの不思議さであり、こういった事例はジョセフ・マーフィ博士などが多数、集めて著書に残しています。潜在意識が正しく働くと不思議なラッキーな出来事、幸運、開運現象などが起きてきます。その出発点は、「夢と希望を持つこと」なのです。自分の人生に素晴らしい未来を想定してみることは大変重要な行為です。自分を救済することができる人は、他者を救うこともできるのです。すなわち、自利と利他は同事なのです。親子の在り方でも、この真理はあてはまります。子育てを適切にできる親は、同時に自分の心も救っているのです。反対に子育てに難渋しているなら、自分の心の在り方にも何らかの問題があるということです。我が子を愛着障害にしないためにも、まず自分の心を癒すことが大切です。

あわせて読みたい関連記事: