性格改善~ネガティブな想念を除去するには

「ネガティブな想念、不安感が取れずに苦しんでいます。」「安心感を取り戻すにはどうしたらいいですか?」という悩みについて相談を受けることが非常に多いです。どうすれば、これを解除できるかについては、想念の扱い方を理解する必要があります。不安感が浮かんできたときに、その浮かんできた不安感を自分のものであると多くの人は認識しているのではないでしょうか。

想念のコントロール

浮かんでくる感情や思考をそのまま自分自身として受けとめると、想念のコントロールはできません。不安感だけではありません。あらゆるネガティブな感情や思考とは、本質的には自分ではないと理解することが大切です。本質的な自分というのは、明るく前向きで発展的で意欲的で夢と希望に満ち溢れている自分だけなんだと、自分に言い聞かせていくことが鍵です。ネガティブな想念としての不安感が浮かんだら、それをつかまえていてはそれに支配されてしまいます。まるで悪霊に心をのっとられたのと同じようになるのです。そうであってはなりません。では、どうすればいいのか。それは、「自然に浮かんでくる想念を自分の思いだと考えるのをやめること」です。

セルフトーク

本質的な想念である、「明るく前向きで楽天的で元気な想念だけを自分であると確信すること」です。どうすれば確信できるのか。それは、自分に言い聞かせるのです。「どんどんよくなるぞ」「どんどんすばらしくなるぞ」「どんどん健康になるぞ」「すべてはうまくいっている」といった言葉を自分にむけて声かけしていくのです。ぶつぶつ言い続けるのが効果的です。声に出しにくい状況の場合は念じるのです。想念には自然に浮かんでくる想念と、自分で意図的に浮かべる想念があります。自然に浮かんでくる想念というのをまったく信用してはなりません。自分で意図的に浮かべる、明るく前向きで発展的な想念だけが自分の本質であると断定しましょう。そして、自然に浮かんでいる想念を、意図的に浮かべる想念でいつも塗り替えていくのです。

ネガティブ思考と同化しない

自然に浮かぶのが「不安感」なら、それを見つけ次第、そくざに意図的に自分で明るく安心感に満ちた想念を浮かべて、塗り替えていくのです。「妖怪ウォッチ」という子供達が大好きなアニメがあります。このアニメでは、さまざまな妖怪が登場しますが、それらは、主に人間の心を操る者達です。ネガティブな想念にする妖怪も登場します。このアニメは、とても重要な真理を教えているといえるのです。浮かんでくる想念を正邪にふりわけて、邪(よこしま)の想いは自分ではないと意識で切り離すことが重要なのです。ネガティブ思考と自分を同一化しないこと、これが、もっとも重要な想念の管理法です。大人気になった「鬼滅の刃」の映画でも、邪悪な鬼が人間の心を破壊しようと攻撃してくる場面があります。心すなわち想念のコントロールが、人生のコントロールにつながるといえるでしょう。
こちらの本をぜひお読みください。さらに詳しく理解できます。⇒「魂の黄金法則」

あわせて読みたい関連記事: