夫婦や親子や兄弟姉妹の和解について

あなたが幸せにどんどん進んでいくためには、まず身近な人との和解を果たさねばなりません。身近な人というのは、既婚者なら、まず夫婦です。我が子がいる場合や独身の場合は親子です。兄弟姉妹がある場合は、それも含みます。和解が難しい例外的なケースもあります。相手が新興宗教やカルトにはまり込んでいる場合や重度のパーソナリティ障害を抱えている場合などです。

和解の第一歩は相手の幸せを祈ること

性格があまりにも歪み、分かり合うことが不可能なケースも含めて、そのような困難な場合でも、相手の幸せをお祈りすることならば、できるはずです。もし、相手が誤った道にはまり込んでいるのなら、そこから脱却できて本当の幸せに至るようにその人の救済を神仏に祈念することも、和解の姿です。和解ということを会得するために、「相手の幸せをお祈りする」ということから始めてみましょう。

人を許せば自分も天から許される

相手の幸せを祈れるようになるには、第一に、人を許せば自分も神仏や守護霊に許されるのだという悟りが大切です。第二に、あなたが人に無関心であったり、憎しみ、憎悪、叱責という思いにとらわれていると、マイナスの引き寄せが増えてしまいます。愛とは、許しであり、いたわりであり、人を育み、人を導き、人を幸せにしていくものです。これを親子関係、夫婦関係、兄弟姉妹関係において実践するのが魂を磨くための生活の中の修業なのです。

許さない状態とは愛のない状態

もし、許さない、いたわらない、育てない、導かない、幸せにしない、というなら、それは愛からもっとも離れた状態です。そこにいる限りは、心が救われることもないし、深い喜びを実感することもできないのです。身の回りの人との和解は、開運の基礎であり、魂の進化の第一歩です。まずは、お祈りから取り組んでみましょう。直接、会えず、じかに話せないような相手でも、祈りの世界では自由に思いを伝えることができます。想念を生み出すことが、あなたの現実を引き寄せます。あなたが愛を出すことを開始すれば、現実の世界でも、和解できる準備が整っていきます。

あわせて読みたい関連記事: